一重を二重にしたい人やコンプレックスを抱えた人を救いたい!と願う女性7人が役立つ情報をお届けします(^_^)v

【ふたえちゃんねる】二重整形のおすすめ情報集めました!

狭くなったらどうしよう…と悩む女性

二重 埋没法

埋没法で二重整形をすると、二重幅が狭くなるってホント?その理由と対処法まとめ

投稿日:

埋没法は最短15分ほどでできる手術で、腫れや痛みも少ないので人気の二重整形手術です。
若い世代の二重整形経験者のほとんどが、埋没法にて二重整形を行なっています。
ですが埋没法をした方の口コミには、「手術後二重幅が狭くなった」なんて口コミもあります。
二重幅が狭くなってしまう場合の理由、その対処法についてまとめました。

埋没法後に二重幅が狭くなる理由は?

埋没法をした後、数年・数十年そのラインが継続する方もいれば、二重幅が狭くなってしまう方もいます。
幅が狭くなってしまう場合の理由を探ってみました。

埋没法と切開法、どちらが幅が狭くなりにくい?

二重整形には、大きく分けて二つの術式があります。
①切開法
二重ラインに沿ってメスを入れて切開します。
必要に応じて脂肪を切除することも可能です。
切開したラインで縫合するため、半永久的に二重ラインが持続します。
ラインの消失率は0.1%以下です。

②埋没法
まぶたの裏側から皮下の筋肉に糸をかけてひっぱることで、二重のラインを作ります。
メスを使わないため、腫れも痛みも少ないです。
ダウンタイム(腫れが完全に引くまでの時間)も少なく、すぐに仕事や学校に戻れるのがメリットです。
一方で、切開法に比べて二重の持続力は低く、二重幅が狭くなることもあります。

切開法の場合、二重幅が狭くなることはほぼありません。
ですが埋没法の場合、皮膚の状態や時間経過により二重幅が狭くなる可能性があるのです。
どんな場合に幅が狭くなる可能性があるのでしょうか?

幅が狭くなる原因①皮膚の重みによる変化

上記にあるように、埋没法では糸の力だけでまぶたを二重にします。
そのため、まぶたが厚い方が埋没法を行なうと、まぶたの負荷が強く、引っ張っている糸が伸びやすくなります。
ふだんアイプチなどで二重にすることができない方は、要注意です。

まぶたが厚い方は、埋没法の中でも糸の固定箇所が多い手術法を選んだほうが良いでしょう。
糸を留める箇所を増やすことで、糸にかかる負荷も減り、幅が変化するのを防ぐことができます。

幅が狭くなる原因②時間経過による糸の状態の変化

埋没法を行なう際には、一般的に医療用の細い糸が使用されます。
体内に吸収されない糸を使用するので、抜糸しない限りはまぶたに残ります。
この糸は非常に細いため、上記のように負荷がかかった場合や、時間経過により伸びることがあります。
まれに、質の悪い糸を使用したために糸が切れてしまうこともあり得ます。

幅が狭くなる原因③加齢による皮膚変化

年を取ってから一重が二重になった、というのはよくある話です。
他にもまぶたの皮膚が目に被さってきたり、ツリ目がたれ目になるという現象が起こります。
これはまぶたが痩せた、つまりまぶたの皮膚のハリがなくなったゆえに起こることです。

加齢による皮膚の変化は、埋没法後の目にも当然影響があります。
糸をかけていた部分の皮膚が下がることで、二重ラインも当然下がり、幅が狭くなります。
二重ラインが見えなくなってしまうこともあるでしょう。
埋没法を受ける前には、加齢による変化を理解しておく必要があります。

幅が狭くなる原因④無理な固定による圧力

なりたい二重ラインは人により異なります。
ですが、なりたい二重ラインと、その人に本当に合う二重ラインとが同じとは限りません。

まぶたの筋肉にはクセがあります。
その筋肉に沿ったラインを作ると、まばたきの際にも不自然でない二重ラインができます。
反対にその筋肉のクセを無視し、不自然な場所にラインを作ると、まばたきの度に無駄な圧力がかかります。
無理やり幅広の二重ラインを作る場合にも、おなじようにまぶたに無駄な圧力がかかるでしょう。
無駄な圧力は糸が取れてしまったり、糸が伸びてしまう原因になります。

幅が狭くなるのを避けるためには?埋没法の極意

二重幅が狭くなってしまう理由がわかりましたね。
これから二重整形を考えている方のために、幅が狭くなるのを防ぐための対処法をまとめました。

自分の目元に合った、自然なラインを見つけるのが大事

二重ラインが長持ちするための鉄則は、「やりすぎない」ことです!
上記でもわかるように、自分の目元にあわない二重ラインを作ろうとすることで、糸への負荷が大きくなってしまいます。

埋没法を行なって二重になり、幅も変化していない、という方に共通するのは、すでに二重ラインができやすかった場所にラインを作っていることです。
目の形に合った場所にラインを作ることで、糸の力だけでなく、皮膚にクセがつくようになり、自然と二重になります。
もし糸が取れたとしても、クセがついた二重はずっと続きます。

アイプチをして二重にしていた跡、疲れたときにできる跡などがある場合には、その場所にラインを作ると良いでしょう。
クリニックには大抵二重ラインを決めるためのバーがありますので、バーを押した際に自然にできるラインを見つけましょう。

埋没法カウンセリングは徹底的に

カウンセリングを繰り返すと、1回目と2回目とで、なりたい二重のラインが変わる方が多いようです。
最初にクリニックを訪れる際には、ほとんどの方がパッチリ大きな目を希望します。
ドクターのカウンセリングの際には、その人に最も適した手術方法やラインが提示されます。
自分の理想と違う二重ラインが勧められた際には、
現実的な見方をしながら理想を調整し、数回カウンセリングを繰り返してから良いラインを見つけるのが理想的です。
カウンセリング時にドクターがイライラしていたから・・・と焦って決断してしまうと、後で後悔してしまうかもしれません!
納得いくまでカウンセリングを受けましょう。

美容整形クリニックの選び方

二重埋没法はほぼすべての美容整形クリニックで行なわれています。
ですが、細かな術式はクリニックにより異なります。
埋没法を行なうクリニックを選ぶ際のポイントは

・何点留めの手術を行っているか?(2点・3点・6点など)
・どこに糸をかけるか?(挙筋or瞼板)
・ダウンタイムはどれくらいか?(手術後、腫れ等が完全にひくまでの時間)
・クリニックの評判は?(すぐにとれた、という口コミはないか)
・ドクターの評判は?(カウンセリングをきちんとしてくれる先生か)

まれなことですが、質の悪い糸を使用したり、糸の結び方が悪いせいで、すぐに二重が元に戻ってしまうこともあります。
クリニックを選ぶ際には、手術費用の安さだけでなく、評判の良い医院を選ぶことをオススメします。

挙筋と瞼板、どちらに糸をかけるかは、クリニックによって異なります。
瞼板に糸を通す場合、固定力は強いですが腫れがひどくなる場合が多いです。
稀に糸が眼球側に進出してしまい、眼球を傷つける恐れがあります。
挙筋に糸を通す場合は比較的腫れが少ないです。
ですが柔らかい筋肉に糸を通すため、時間が経って筋肉が緩み、幅が狭くなることが多いです。
とにかく固定力が強く、幅が狭くなる可能性が低い埋没法をお望みなら瞼板法がおすすめです。
反対に、眼球を傷つける可能性が低く安心な埋没法をお望みなら、挙筋法がおすすめです。

埋没法後に二重の幅が狭くなった場合の対処法

もしかして二重の幅が狭くなってる?!
そんな時の対処法や、二重の幅が変わる際にたどる経過をまとめました。

二重の幅が変わっていく過程

二重の幅が変わる際の経過を知るために、
埋没法後に二重の幅が変わってしまった方の口コミを見てみましょう。

「埋没法を行なった後、とても気に入った二重ラインになることができ、
半年ほどは毎日楽しく過ごしていました。
ですが、ある日朝起きると、目に違和感を感じました。
鏡で見ると、完全に一重になっているわけではないものの、
確実に二重の幅が狭くなっているのです。
私の場合は2点留めだったのですが、
内側のほうの留めた場所が下がってきている感じです。
二重が取れてしまわないか、と考えると夜も眠れず、食事もする気になれません。」

「三年前に埋没法を行ないました。
最近、片方だけ二重の幅が狭くなり、「取れたかも?!」と思い始めました。
まぶたが下がって被さってくるような感じです。
二重のラインはうっすら残っているので、
完全にはとれていないものの、とれかけているのかな、と思います。」

二重幅が狭くなってしまう場合、ほとんどの人が数ヶ月・あるいは数年かけてだんだんと幅が変化するのを経験します。
くっきりしていたラインが薄くなり、ゆっくりと浅くなっていくのです。
・まぶたが厚い人
・幅を広くとって二重にした人
・目をよくこする人
上記に当てはまる場合、二重幅が狭くなる可能性が高いです。

幅が狭くなった場合の対処法

当初のくっきり二重ラインを手に入れるためには、再手術が必要です。
ですが、手術の時に痛みや腫れがあった人は再手術に踏み切る勇気がないかもしれません。
また、彼氏や家族に整形したことを隠している場合、ばれたくない!と思うことでしょう。
再手術をせずに、二重ラインの消失をできるだけ防ぐ対処法をご紹介します。

眼輪筋を鍛える

眼輪筋は眼球の周りを覆っている筋肉です。
眼輪筋が衰えると、目のまわりの皮膚・脂肪を支えることができず、たるみが生じます。
たるみは負荷となり、整形後の糸がとれたり緩んだりする原因ともなります。
眼輪筋を鍛えることで、整形の効果が長続きするパッチリ目を手に入れることができるのです。

・おすすめ眼輪筋トレーニング「目ワイパー」
1.両目で思いっきり右を見る
2.次に思いっきり上を見る
3.思いっきり左を見る
4.右→上→左→上→右・・・と繰り返しワイパーのように目を動かす
20往復行なう
5.目をギューッとつぶって5秒キープする
6.目をパッと開いて5秒キープする

眼輪筋トレーニングを行なうと、目がすっきりするだけでなく、ぱっちりデカ目効果もあります。
ぜひ毎日行ないましょう。

むくみ解消ツボ押し

目の周りに水分や老廃物が溜まっていると、やはりたるみの原因になり、二重幅が狭くなる原因になります。
老廃物を排出するために効果的なツボを押して、たるみの原因をなくしましょう。

むくみ解消にはマッサージが効果的と言われていますが、
二重整形後のマッサージには注意が必要です。
糸がかけてある場所を強くマッサージすると、糸がとれてしまうかもしれません。

むくみ解消のマッサージやツボ押しをする場合には、
糸のかけてある部分は避け、力を入れ過ぎずに行なう必要があります。

・おすすめむくみ解消ツボ押し
目のむくみ解消に効果的なのは、眉頭の内側のツボと、目頭の下のツボです。
ふたつのツボを、それぞれ三秒間押しましょう。
むくみが気になる朝も、三秒間のツボ押しですっきり目になれます。

目の酷使を避ける

目の疲れ、乾燥もむくみやたるみの原因になります。
スマホやタブレット、PCを見る時間はできるだけ短くしましょう。
乾燥を感じたら、目薬や加湿器を使うなどして対処するのがオススメです。
長時間PC作業する方ならば、1時間おき程度に目を休めて、上記の眼輪筋運動をすると効果的です。

もう一度くっきり二重に!再手術することはできるの?

二重幅を元に戻すためには、再手術が必要です。
埋没法再手術を受ける際の、気になる疑問を調べました。

やり直しはできるの?

埋没法を受けた後の目は、ほとんどの場合再手術が可能です。
ただし、再手術の際には、1回目の手術よりも腫れがひどくなるのが一般的です。
なぜなら、1回糸が外れた人の場合、同じ場所に二重ラインを作っても、再度外れてしまうことが多いので、
2回目にはより効果の高い二重手術を行うものだからです。

初回はとにかく簡単で腫れの少ない手術法を選んだ方も、
再び再手術をするのは嫌だから、と糸をかける場所を増やすことがあります。
その場合、ダウンタイム(腫れがひくまでの時間)も長くなり、費用も高くなります。

また再手術の際には、ほとんどの場合前回手術時の糸を取り除く必要があります。
抜糸するために切開する必要がある場合は、腫れも痛みも大きくなります。

やり直しの費用は?

埋没法手術を行ったクリニックが保証期間を設けている場合、
保証期間内であれば無料で再手術を受けることができます。
多くのクリニックが「同じ場所であれば無料で再手術可」としています。
保証期間は1年程度のクリニックが多いです。
さらに、「糸が外れてしまった場合は永久保証」としているクリニックもあります。
まぶたが厚いので外れてしまうのが心配、と言う方は
もしものために保証のしっかりしているクリニックを選びましょう。

再手術後も、また幅が狭くなることはある?

埋没法を繰り返す方の中には、数年ごとに手術を行い5回・6回と手術を受けている方もいます。
二重のクセがつき辛い場所に糸をかけるため、あるいはまぶたが厚いゆえに何回も糸が取れてしまうのです。
前回行なったのと同様の埋没法手術を受けるのであれば、また二重幅が狭くなる可能性もある、ということを覚えておきましょう。

確実に二重幅が狭くならない手術を希望するならば、切開法を選ぶ必要があります。

再手術の際の、二重幅の決め方

まれに、「幅が狭くなるのを見越して、希望している二重より少し広めの幅の二重を作りたい」と言う方がいます。
ですが、幅が広い二重を作るということは、糸への負担が大きくなるということです。
糸に負担の大きい状態が続くと、糸がゆるむだけでなく、糸が外れてしまう可能性が高まります。
幅が狭くなるリスクは避けられませんが、そのために幅広二重にするのは逆効果です。

以前の二重ラインが広すぎたゆえに糸がゆるんでしまったなら、少し幅を狭くして、クセのつきやすい場所に二重ラインを作りましょう。
お家でアイプチバーなどを使い、どの場所が一番クセがつきやすいか研究しましょう。
欲張ってぱっちり二重を作ると、二重幅が狭くなるまでの時間も短くなってしまいます。
ドクターとの相談のもと、自分にあったラインを見つけましょう。

まとめ

埋没法の後、二重幅が狭くなることはあり得ます。
ですが、手術前にしっかり自分にあったラインを選定することで、そのリスクは最小限にすることができます。
さらに二重幅が狭くなった場合にも、お家でできる対処法や、再手術の道もありますので、
落ち込みすぎずに適切に対処しましょう!

二重になりたい人必見のコラム

二重整形おすすめ情報のアイキャッチ画像 1

はじめに。 当ページの筆者、ふじこです。 この記事は私の体験談に基づいた内容、医師に直接聞いた内容を中心に書いてます。 ただのブログみたいじゃん!とお叱りの声が聞こえてきそうなラフな内容ではありますが ...

元整形外科医が教えるプチ整形の真実と注意点のアイキャッチ画像 2

はじめまして。 自分ではギャルのつもりはないのに、皆さんからギャル子ちゃんという謎のあだ名を付けられてます。 目元は奥二重。 でもこれはこれでちょっと治したいと思ってる今日このごろ。 この記事では私な ...

全切開の体験レポと経過報告コラムのアイキャッチ画像 3

人に会ったときの第一印象のほとんどは 顔!その中でも特に、目で決まります! 追記:2016年9月28日 記事の1番下にふたえ手術後、約4ヶ月経過した現在のご報告してます! 喜びのご報告! 念願の二重に ...

二重の幅を広げるなら本当に有効な手段はたった1つしかない! 4

25歳で埋没法でぱっちり二重にした私の体験談です。 女性は誰だって容姿にコンプレックスを感じているものです。 体型や身長、バストサイズそれに顔! 特に顔の悩みはきっと多いはず! 私は25歳のときに埋没 ...

-二重 埋没法

Copyright© 【ふたえちゃんねる】二重整形のおすすめ情報集めました! , 2019 All Rights Reserved.